風薫る

May 17, 2019

お客様からのお土産。
 

京都で300年くらい続くお茶屋さん

一保堂茶舗の「薫風」


2年くらい前から

この一保堂さんのお茶をいただく機会が多いのですが

薫風というお茶があるって初めて知りました。

 

「見た瞬間、これしかないと思って!」

 

も~感激です!!(´;ω;`)ウッ…

 

 

あと、こんなご連絡をくださった方も。

 

もう・・・

本当にありがとうございます!!

(´;ω;`)ウゥゥ


幸せ者だ~




 

薫風とは、

初夏の季語

5月の時候の挨拶にも使われます。

 

若葉や青葉の香りを含んだ
穏やかな風のこと。

 

 

現在、

私はこれまでの人生の中で

ありえないほど穏やかに過ごしています。


元来、仕事を詰め込みすぎたり

頑張ってる状態が丁度いいし、
心地良いタチなので
ついついワーカホリックに陥ります。
したくないことを引き受けたりもね・・・

 

 

4月の終わりから
物質的な断捨離とともに

「頑張りすぎてしまう」

に関連する余計な思考を
ひとつずつ手放しました。

 

 

手放すことでお客様が減るのではないか?

など、少し心配ではあったけど

それらは杞憂であったようで

 

以前よりもサロンワークの日が増えたし
お客様と深い部分を共有できたり
「こんなことをしてほしい」

とお客様からご提案をいただいたり。


私が望む「サロンのかたち」に

一歩近づきました。

高級サロンのおもてなしは出来ませんが

日々の喧噪を忘れ、のんびりと解放される

穏やかな風で満たされるサロン


「私の」ではなくて

「お客様のサロン」

第2の家とか、自分の部屋とか

そんな風に思っていただければ、と。

 

 

 「薫風」

早速頂きました。

ほどよい甘味・渋み

爽やかな味です。

 

美味しい♡

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

November 10, 2019

November 10, 2019

Please reload

カテゴリ
アーカイブ