メンタ湿布

July 26, 2018

アロマトリートメントサロン-kunpuu-です。

 

 

メンタ湿布

 

ご存じですか?

 

 

温かいお湯にペパーミント精油を落とし

その中にタオルをつけ、絞ってから

腹部に湿布のように置く。

 

 

私は子供のころ

ひとりで長期間祖父母のもとにいたことが

結構な回数あるんですけど

 

そのころ、お腹が痛くなると

元看護婦だった祖母が

この温タオル湿布をしてくれてました。

 

当時、ハッカ油を使用してたと思います。

「おなか湿布」と呼んでいたと記憶しています。

 

いつもすぐに痛みが取れてました。

でも、幼い私の頭の中は

 

腹部の痛み=ミントの香り

 

と植え付けられてた。

ミントが苦手でしょうがなく

香るだけで背中が寒くなってました(笑)

 

 

アロマテラピーを本格的に学んでいく中で

徐々に嫌な香りではなくなりましたが。

 

 

この「おなか湿布」を突然思い出し

ググると出てきましたよ。

 

「メンタ湿布」

 

 

おなか湿布では無くて「メンタ」ね。

 

ネットでのこの湿布についての説明は

・温湿布とハッカの冷却作用による

 マッサージ効果

・ハッカによる鎮痛、麻酔作用

・刺激作用による腸の運動を促進

とありました。

 

精油を勉強していると、

「うん、うん」と頷けます。

 

この温湿布は古くから医療現場で

用いられてたそうです。

腸ねん転のときとか

便秘の時や

ひどい生理痛時にも。

 

他の精油でも代用できそう。

フェンネルとか。

クローブはどうなんだろう?

 

試したい・・・ 

 

お腹痛くならないかな~

 

 

 

ところで、

日本薬局方のハッカ油と

ペパーミント精油は

厳密には違うものだとネットにはあったけど

成分的にもおおむね同じ。(だと思う)

 

 

ペパーミント精油

(学名 Mentha piperita)

は、爽快感のある香りでお馴染み。

たくさんの効果もあり使いやすいので

幅広い使い方が可能です。

 

しかしケトン類なので

使用に際して禁忌があります。

 

・3歳未満の乳幼児には使用しない 

(私は使ってたような気がする💦)

・妊婦・授乳中の産婦

・神経系の弱い方(老人など)

・高血圧症の人(血圧上昇作用によって

 血圧が急激に上がる可能性があるため)

 

長期間、継続的、広範囲、多量の使用

は避けたほうが良いです。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

November 10, 2019

November 10, 2019

Please reload

カテゴリ
アーカイブ