たまにはトリートメントしてもらう側に

July 24, 2018

アロマトリートメントサロン薫風-kunpuu-です。

 

アロマトリートメント。

 

究極のリラックス。

 

日々、自宅サロンでお客様をお迎えし

アロマトリートメントを施術しています。

 

でも、たまには

アロマトリートメントしてもらう側になりたい!

 

 

ということで

今日は私がお客様。

とは言っても、半分は勉強です。

 

私がアロマを学んだスクール

Lalamajoramで、

先生の手によるアロマトリートメントを受けて来ました。

 

改めて、アロマトリートメントも良さを実感!

 

密着した手の動くスピード

適度な圧・・・

 

絶対に最後まで眠ることなく

確認ながら勉強する!!

 

と強く決意していても、

どうしても「落ちる」瞬間が

たくさんあるのです。

 

それだけ身体も心も弛む。

 

 

そして大事なのが

自分に最適な精油!

 

 

今日、先生が選んでくれたのは

・カルダモン

・クラリセージ

・ジュニパー

・ローズマリーベルベノン

 

 

頭の中から開くというか

余計なものが頭から出て

超リラックスし覚醒するような

リラックスしながら

超リフレッシュ。

 

とてもスッキリしました。

 

 

 

去年まで嫌いでしょうがなかった

クラリセージ

「人生の悦び」

という意味もあります。

それを知ったときは

「こんな変な香りで悦び??」

と、全く意味がわからなかった。

 

でも、今はわかる。

 

半年前くらいから急に好きになり

何でこの香りが嫌だったのか

全く思い出せない。

今では好きで好きで手放せません。

 

やはり

更年期なお年頃・・・

嗅覚はどこまでも正直です。

 

去年くらいから生理2日前から

酷い頭痛に悩まされます。

そんな時、このクラリセージが

大変役にたちます。

 

ちょっと香りを嗅いだり

胸元に軽くつけたり

 

それだけで頭痛から解放されます。

 

生理が始まっても腰の痛みや

だるさなど、不快な症状がかなり

緩和されています。

 

さすが「更年期に良い精油」

 

心強いです!

 

 

だからこそ作ったんだろうな。

オリジナル香水。

 

 

このクラリセージを使った

オリジナル香水があります。

 

「お年頃」な大人の女性に

ピッタリな香り。

 

しかも、良い働きをしてくれます♡

 

 

************

 

オードパルファム

【Sensual】

カルダモン&クラリセージ

 

 

 

 ガラス製ロールオンボトル

 

5ml.  価格 3,000円(税込み、送料込み)

 

10ml.  価格 5.000円(税込み、送料込み)  

 

 

使用精油:カルダモン、クラリセージ、シダー、パチュリ

     ベルガモット、イランイランエキストラ

 

 

 

ご注文はこちらから

ご注文フォーム☆

 

カルダモン

キーワード:生命力のアップ

成功へのモチベーションを上げてくれる。

不安や恐れを解消し、充足感や豊かさを思い出させてくれます。

精神の集中を助けたり、不安な時などリラックスさせてくれます。

 

クラリセージ

キーワード:明晰さ、直感

心を強壮させながらリラックスさせてくれます。

優柔不断や混乱などを和らげ、心を安定させ

明晰さを回復させてくれます。

人生の目的にきちんと直面でき、インスピレーションを

得るのを助けてくれます。

 

シダー

キーワード:意思、力

意思を強く持ちことをサポート。

意思を固めたり、自分の軸をしっかりさせたいときに

効果的

 

パチュリ

キーワード:現実、グラウンディング、安定

考えすぎや期の使い過ぎな時、気持ちを安定させます。

官能的な喜びや創造的な表現を促してくれます。

 

ベルガモット

キーワード:リラックス、解放、自発性

エネルギーの循環を促してくれます。

心の中に矯め込んだ感情を解き放ちます。

感情の滞りをスムーズにしてくれます。

 

イランイラン

キーワード:自信、楽しさ、落ち着き、官能

心を落ち着かせリラックス。同時に精神を高揚させ

「楽しさ、喜び」の感情をもたらせます。

自信を取り戻すことを促しイライラなどを和らげます。

女性的なエネルギーを高めてくれます。

 

ご注文はこちらから

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

November 17, 2019

November 10, 2019

November 10, 2019

Please reload

カテゴリ
アーカイブ