美肌オイル(わたし用)

April 13, 2018

アロマトリートメントサロン薫風kunpuuです。

 

 

 

 

今回のお題。

「美肌オイル」

 

アレルギー体質で発症すると乾燥。

その際に乾燥ジミができやすい。

お肌の乾燥はタルミの原因にもなります。

 

普段は乾燥知らずな私ですが

花粉の時期はもう・・・。

 

今のお悩みは「シミ、たるみ」

 

レーザー治療も考えたけれど

乾燥肌の人は完治しにくいらしい。

乾燥した肌を更にレーザーで熱を照射・・・

余計乾燥してしまい

さらにシミができるのだそうです。

 

 

こわいこわい。

 

 

そんなわたし用の美肌オイルのレシピをご紹介します。

 

・アプリコット油・・・皮膚組織再生作用

へアケア用品や化粧品など幅広く使用されています。

漢方でも使われる杏子の種子から採れる植物油。

 

・ロックローズ(私のお気に入り!)・・・創傷治癒作用

他にも皮膚強壮、収斂、抗しわ作用などが期待できる精油です。

某海外ブランド化粧品で使われています。

 

・ゼラニウム・エジプト・・・皮膚弾力回復作用

お肌のケアにはかかせない精油。

収斂作用、止血作用も(←掻いた時対策)

 

・ローズウッド・・・細胞組織再生作用

ほかにも皮膚強壮、収斂、皮膚組織再生作用が期待される精油です。

絶滅危惧種なので大事に使います。

 

 

 

これを使い3日目。

 

カサカサで淵が少しめくれ上がったシミが・・・

 

 

なんと・・・

 

 

ピラリと取れました!!!

変なものお見せして申し訳ありません。

 

でも、すごくないですか?

 

下に新しく正常な皮膚が形成されているので

ベビースキンでないのがスゴイ。

 

「ただ時期がきて剥がれただけでしょ」

と思いましたか?

 

残念。

 

このオイルをつけていない部分には

全く変化がないのです。

 

おそるべし、精油。

 

ターンオーバーを超超超促しながら

皮膚再生、強壮・・・

 

再生されちゃったよ。

 

弾力やたるみについては、

実際の私の頬を見て触ってください(笑)

 

 

このように

お悩みに合わせて精油を組み合わせ

ブレンドが出来るのは

NARDで精油化学を学んだからこそ。

 

 

精油を日常使いしていると

精油、アロマテラピーに感動することが

度々あります。

そして、ますますアロマテラピーを

大好きになっていくのです♡

 

 

お悩みに合わせたオイル作り

トリートメント後の時間で簡単に出来ますよ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

November 10, 2019

November 10, 2019

Please reload

カテゴリ
アーカイブ