ナチュラルとは?


少し前の話なのですが


頬に塗りつけられました。

私の意思確認なしに。


「イノシシのクリームだから安全!」


えええ????


もう、何それ?!


イノシシの油って・・・

ラードのようなものじゃないの?!


もう、ビックリでしょう??


今となってはネタをありがとう

って笑えるけど。



プラスチック容器に入ったそれは

匂いはないけど

ずっと蓋開けっぱなし。

暖房の効いた部屋の中で

思いきり空気に触れまくってる。



自然のものだから

動植物から採取したものだから

人工的なものではないから

ナチュラルなものだから


でも!

だから安心ってことは言えない。


私の頬はみごとに赤くなり

ヒリヒリ痛みも出ました。

それを伝えると、


「そんな人もいるよね、でも大丈夫」

「製品ではないから自己責任だからね」


この行動、言葉、

私には全くわからん


・・・という出来事がありました。


その人とはそれっきりお会いしていません。



ナチュラル

オーガニック

自然

という言葉が氾濫しています。


感じがいいし

女子力ありそう

いい人っぽいし

オシャレなデザインのもの多いしね。


アロマテラピーって

草花が好きで

女子力高めなイメージ?




私が日常使っている

精油やハーブウォーター

キャリアオイル(植物オイル)など


これらは植物から採取したものです。


科学的に分析され安全性が認められています。


でも、実際に安心・安全に使うためには

精油の知識が必要です。

科学的な視点から精油をみることが必要です。

もちろん植物自体の知識も


以前、

「鼻のできものに精油を塗布した男性」

のことを書きました。

記事はこちら



精油を構成する成分は

体調や体質によっては

アレルギーや痛み

不快な症状

をもたらすことがあります。


精油についての正しい知識

精油の科学は必須です。




ナチュラルなハウスクリーニングで

重曹やクエン酸を使いますが

これももちろん科学ですよね。

このナチュラルの意味を考えないと。


抗菌、抗ウイルスのために精油を使います。

でも精油原液をバシャバシャ使うわけではない。

エタノールやジェルで希釈します。


精油によって

・定められている希釈濃度

・皮膚刺激のあるもの

・疾患によっては使用を禁止されているもの

もあります。


精油の使用は「自己責任」ですが

知識がないのに人に勧めて

「自己責任」はない。


何にでもいえることですけどね。


ビックリな体験にからめて

最近よく思うことを

書いてみました。






© 2017 by 薫風 -Kunpuu-

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook Social Icon