情報をアップデートしていく

私がNARDアロマテラピーを学んだ ”Lalamajoram 中筋校" 先日、そこで行われた 「NARDアロマテラピー2019年報告会」 に参加してきました。 これは、実際に東京でセミナー受講された ”Lalamajoram"の曽利先生が 生徒たちにシェアしてくれる講座です。 わかりやすく説明していただけ 少人数制なので、その場で質疑応答可能。 ものすごーく、ものすご-く 非常にありがたい講座なのです。 今回のテーマは 「がんによりそうアロマテラピー」 毎回テーマは深刻。 ”精油で癌を治そう!” ということではなくて 投薬、治療をしていく中で 出てくる症状、状態を 精油を使い和らげる、というもの。 例えば、「痛み」 痛みにもいろいろあります。 いろんな方向からその痛みにアプローチ。 これは、精油の成分を学んでいないと 理解はできません。 これは日常にも使える知識です。 使える。 ウチのサロンにお越しくださる方へも 使っていただける! お伝えできる!そんな学びです。 そして「癌」という深刻な病だからこその こころのケア。 精油だからこそ出来る事! これらがワンセットになっているたくさんのレシピ 〇〇な場合、△△な気持ちになりやすいから ▢▢になると◇◇という感情になるから どんな理由でその精油を選んだのか その優しい気持ちが伝わってくるレシピばかりでした。 帰ってから精油辞典を合わせ見ての復習。 これをすぐやると頭に残りやすいんですよね。 つーか、やらないと頭から抜けていく・・・(-_-;) 一緒に学んだ方達ともすぐに打ち解け 楽しい1日でした♪ 精油が好きで繋がる縁 話はつきな

からだの「水はけ」をよくするブレンド

今日はご新規のお客様。 アロマはよくご存じではなく トリートメントも初体験 脚が冷え、むくみでパンパン からだが重い 特に背中 とにかくリラックスしたい ということで ネットで探しされて ウチにお越しいただいたのだそう。 HPつくってて良かった!! と心から思いました♪ はじめての”精油”の香りに 「わぁ♡」「う!」「おおー!」 とひとしきり感動された後、 「ユズが一番安心する」と。 なので、今日はユズを主役精油にしました。 レモンと似た成分。 馴染みのある香りで安心感。 柑橘の中でもひときわ優しく ぬくもりを連想させる香り。 毛細血管を元気にしてくれます。 このユズ精油に流れをよくする 「ジュニパー」 そして、余分な水分を外にだしてくれる 「ウインターレモングラス」 この3種をブレンドしてのアロマトリートメント。 滞りを流すにはアトラスシダー。 ですが、香りが苦手だということで このセレクトになりました。 寝つきが悪いとのことでしたが 背中に手を滑らせてる内に すぐお眠りに・・・ 驚いたのは、 トリートメントが終わって お茶を飲みながらフィードバックしてる間に 3度もトイレに行かれたこと! お帰りの際も 「靴がすんなり履ける!」 と大変喜んでいただきました。 さきほどご感想をいただきましたので 一部抜粋してご紹介します。 精油のブレンドは その時のお悩み ・からだのこと ・こころこと 両面にアプローチする精油を その方の傾向(簡単に言えばタイプ) を考慮しながら選びます。 なので、 こころに強く響く香りであり からだにも何かしら変化があるのです。 ブレンドの割合も変わってくる

クローブ(丁子)

年末から現在にかけて オリジナルパルファム 【Attractive】 のご注文が続いています。 なぜなのか・・・? 誰かが何か言ってくれたのだろうか? 初めての方ばかりなので とても不思議な現象。 元々は自分が使いたいと思って作った香り。 それが、たくさんの人に気に入っていただけたなんて。 とにかく嬉しい!!!! ありがとうございます!! そしてご感想の中に多いのが 「香りがとても深い!!」 その香りが何なのか知ってるようでわからない というもの。 実はほんの少しですがクローブ精油をいれてます。 ググーンと香りに深みを増すのです。 カレーなどスパイスではよくつかいますね。 そのクローブの精油です。 子供の頃に歯が痛くなると 「今治水」というのを 痛いところにつけてました。 強力な鎮痛効果。麻酔効果。 歯医者へ行くまでこれでしのいでました。 中身は「チョウジ油」=クローブ 他にもケイヒ(シナモン) フェノール、メントールなど入ってますが クローブの麻酔作用がかなりあるのではないかと。 昔から有名な 「太田胃散」「仁丹」 にも丁子が使われています。 強壮、健胃作用、胃粘膜防御作用 免疫刺激作用これらを期待してなのかな。 あとお香にも入ってたり。 また私の趣味な面が出ますが 日本刀をお手入れする時に使うのも 「丁子油」 これは錆止めとして使われているようです。 刀の波紋でも「丁子紋」というのがあります。 精油(エッセンシャルオイル) が日本に入って来たのは明治から といわれてますが、 それよりもウンと昔から 日本人は「丁子」を使っていたんだな~ と感慨深くなります。 というわけで、

私の腰にはイランイラン

「私の腰にはイランイラン」 どことなくオヤジギャグ的な香りが 漂いますが、違います! お正月休みが終わり また三連休。 サラリーマンでなくなった私には あまり関係ない。 連休は人も車も多いので 引きこもり気味になります(笑) 昨日は蟹座満月、しかも月食。 その前日から寝具を新しくしたり カーテンを洗ったり 自発的にではなくて息子につられて なんですけどね。 「住まいに関することが開運アクションン」 寝具の新調、大物の洗濯など書いてありました。 あとからこれを知り、なるほどな~と。 しっかり影響を受けてるようです。 でも、ちょっと頑張ると 腰が!背中が!! となりやすい。 数日前から腰が痛かったのに 少し楽になったのでカーテン洗っちゃったりして もう痛くて歩くのもつらい・・・ こんな時に役立つ精油は 以外にもイランイラン だったりするのですよ。 イランイラン 「催淫効果」で有名。 試しにパートナーがいる時にディフュースしてみましたが 私はそんな気分になることなく即眠ってしまいました。 時と場合にもよるのだと思いますけど(笑) さて ・イランイラン ・レモングラス ・ローレル この3種の精油を高濃度でブレンド 腰から太もも全体まで塗ります。 痛みにはミントやクローブも良いのですが コリ固まった筋肉や腱はそのままで 痛みだけ薄れるので「楽になった!」 と動いてしまい、さらに傷みかねません。 私はその経験者でもあります。 なので、筋肉・神経系によく 弛めてくれ 鈍痛を弱めてくれる そんな精油を選びました。 こんな感じに使いやすい容器で。 もうだいぶ使っちゃったけど。 精油の特徴・特性を

© 2017 by 薫風 -Kunpuu-

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook Social Icon